FXSARU.com

  • バイナリーオプションの大御所5ブローカー
  • 有名業者のここが知りたかった


世界のFX


FXは通貨を銘柄にしている金融商品で、異なる2つの通貨をお互いに売買しながら、外国為替相場のレートの変動を利用して利益を求める投資取引になります。

最近では、テレビのCMなどでもすっかりおなじみになり、スマートフォンなどで簡単に操作できることや、24時間いつでも取引が行えること、少ない資金からでも始められることなどから、投資そのものをやったことがないという場合でも、このFXから始めるという人が大変増えています。

FX取引は、外国為替市場を舞台にして行っているので、取引を行うためには仲介してくれるFX取扱業者と契約をして取引口座を作る必要があります。

現在ではFXを取り扱っている業者はたくさんあり、それぞれにサービス競争が加速しているのですが、それは日本国内に限ったことではなく、海外にも取引業者がたくさんあるのです。
一昔前でしたら、海外の取引業者を使うには様々なハードルがありましたが、インターネット網の普及や、パソコンなどの電子機器の性能の向上などから、が以外の取引業者でも日本にいるのとほとんど同じ感覚で投資取引を行えるようになりました。

特に海外の取引業者では、日本の国内独自のルール規制も適用されることがないので、自由な投資が行えるため、日本のFXに堅苦しさを感じる上級の投資家の中には、海外の取引業者を利用する人たちもたくさんいるのです。


例えば、FXには「レバレッジ」という仕組みがあります。これは、取引業者に開く口座に証拠金を預け入れ、それを担保にして信用取引をし、実際の投資金額よりも多い資金を使って取り引きを行うことができる仕組みなのですが、このレバレッジの大きさに歴然とした違いがあります。

日本国内のレバレッジは、2011年から布かれた金融庁からの規制により制限され、それぞれの業者は最大で25倍までのレバレッジしか設定することができません。
ところが海外の業者は、日本の規制には影響を受けないため、高いレバレッジを設定することができ、数十倍から数百倍、なには1000倍というようなレバレッジを設定している業者もいるのです。

もちろん、レバレッジが大きくなれば、為替レートが損失方向に動いた時の損害も大きくなってしまうのですが、的確にリスクを管理していけば、このレバレッジの大きさだけでも、海外取引業者を使うメリットは充分でしょう。

また、海外の取引業者では入出金の管理や言葉の壁などがネックになっていることが多いのですが、海外業者は日本の顧客獲得にも大変に熱心であるために、いろいろなサービス展開をしています。
例えば、電信送金が一般的で時間もコストもかかっていた入出金は、クレジットカード決済や電子マネーの導入でスムーズに行えるようにしたり、言葉の壁も、ウェブページなどは完全日本語化が当たり前です。
また、運営的なことからFXのテクニック的なことまで、日本語での対応がされています。また、万が一のサポートには、日本語でのメール対応、チャット対応、電話対応などがあり、日本語の話せるスタッフや日本人スタッフがフォローをしてくれます。

もし、これからFXの取引業者を選ぶか、もしくは今取引きしている取引業者に不満があって変えようと考えているのであれば、海外の取引業者もその選択肢の中に入れておくことをお勧めします。


 




最近、未来の値動きを予想するぱっと見テクニカルに人気があります。私も使っていますが、値動きが予想されるので、その通りにポジションを持つことができます。

どんな時間足にも使え、1時間や30分、15分や5分も表示できるのが便利です。ぱっと見テクニカルは、過去の値動きから将来の値動きを予想するツールなので、高い確率で当ります。

 初心者は、このようなツールが使えるFX業者の口座を開設すると、取引に迷った時には心強いと思います。