FXSARU.com

  • バイナリーオプションの大御所5ブローカー
  • 有名業者のここが知りたかった


テクニカル分析


■FX取引のスタイルとそのための事業者選択

FX海外取引には、いくつかの取引スタイルというものがありますので、自分にあったものを選ぶといいでしょう。これは、FXやバイナリーオプション稼ぐ戦略を組み立てて行く上で大変重要な事です。

「スキャルピング」とうのは、数分から数十分といった短い時間での取引で、1回の利益が小さくても取引回数を多くして利益を上げる方法です。「デイトレーディング」はその名の通り1日単位での取引で、数日単位になると「スイングトレード」といいます。さらに長期間単位での取引は「ポジショントレード」や「スワップトレード」と呼ばれています。

自分がどのような取引スタイルを選ぶのかによって、どのFX事業者を選んでくるのかは変わってきます。基本的にスキャルピングやデイトレーディングに向いたFX事業者と、スイングトレード以上の中長期取引に向いたFX事業者に分類できます。

スキャルピングやデイトレーディングに求められるのは、FX事業者のコンピュータシステムが安定していて、約定力(スリップページ)が高いことでしょう。逆に長期間見守っているだけのポジショントレード(スワップトレード)は、外貨預金に近いので、これらの要素はそれほど重視されません。重視されるのはスワップ金利が大きいことです。

もっとも金利差というのは固定されているわけではありませんし、為替レートが大きく変動してしまえば金利差の意味がなくなってしまうこともありえます。ポジショントレード(スワップトレード)でうまく利益を上げるためには、「ファンダメンタル分析」をよく知っておいたほうがいいでしょう。

■取引スタイルにあわせた分析方法

短期の為替レートと長期の為替レートというのおはまったく分析方法が違います。短期の為替レートであれば「テクニカル分析」が、長期の為替レートであれば「ファンダメンタル分析」を利用します。テクニカル分析というのは、過去の為替レートから将来の為替レートの動きを予測する方法のことです。

分析に使うのはローソク足チャートで、相場の値動きが時系列ごとに表示されているので一目で値動きがわかります。ちなみにこのローソク足のチャートは、江戸時代に日本で考えられたとされていますが、今では世界中で使われています。

ファンダメンタル分析というのは、政治・社会・経済の状態を指標にして分析する方法です。国家の状態というのは様々な要素から成り立っています。例えばGDPや完全失業率、景気動向指数、経済成長率などです。そういったデータだけではなく、各国政府の通貨・金利政策もすぐに為替レートに影響を与えます。

もちろん国家だけではなく、企業が為替に影響を与える場合というのも考えられます。単純に考えて、その国が政治的に不安定であったり、経済の見通しが暗いのであれば、為替レートは将来的には下がりますよね。

もちろん現状ではなく、将来どうなるかという話ですので、一般人がそう複雑な状態を予測するのは簡単ではありません。こうした国家や企業の様々な情報を分析して、為替レートが長期的にはどう変動していくのかを予測するのがファンダメンタル分析なのです。


 




最近、未来の値動きを予想するぱっと見テクニカルに人気があります。私も使っていますが、値動きが予想されるので、その通りにポジションを持つことができます。

どんな時間足にも使え、1時間や30分、15分や5分も表示できるのが便利です。ぱっと見テクニカルは、過去の値動きから将来の値動きを予想するツールなので、高い確率で当ります。

 初心者は、このようなツールが使えるFX業者の口座を開設すると、取引に迷った時には心強いと思います。