FXSARU.com

  • バイナリーオプションの大御所5ブローカー
  • 有名業者のここが知りたかった


スキャルピング


FXの投資スタイルを時間で分けたとき、数分から数十分間までの短時間で売買を繰り返すのがスキャルピングです。一回ごとの利益は少なくても売買の回数を多くして、利益を増やすのです。

売買一回あたりの利益や損失は小さいため、気が楽かもしれません。しかし取引中は常にFX取引業者の提示するプライスやニュースに気をつけている必要があります。

売買の回数が増え、利益がでないまま取引を繰り返した結果、損失の合計も大きくなる危険もあります。

スキャルピングで利益を増やすなら、売買回数を多くしなければなりません。手数料はゼロか少額、スプレッドはできるだけ小さいFX取引業者を選ぶような準備が肝心です。一回ごとの取引で発生するコストを抑えることで、利益を増やすためです。

このほかFX取引業者を選ぶには、安定して注文を受け付けられること、スリップページの幅が小さいなど、希望の値段で迅速に約定する能力に注目しておきましょう。

為替市場では時には大きな値動きが突然起きるので、FX取引業者のシステムにトラブルがあっては思うように注文できません。損きりに失敗して損失を受けることもあります。注文に対する応答が遅くても、売買が思うようにできません。

気にしなくてよいのはスワップ金利(スワップポイント)です。一日を超えない時間で取引を終えるため、スワップポイントを貰ったり払ったりすることがありません。

注意しなければならないのはスリップページです。スリップページは、1ドルを100円で購入する注文を出しておいても、100.05円など注文価格より不利な価格で約定してしまうことです。これはFX取引業者のサーバーの処理能力に問題があるときもあれば、状況によってどんな業者でも生じることもあります。サーバー処理能力が安定してる取引環境を提供している業者でハイローオーストラリアがあります。ディーリング介入なしの業者で公平性の高さに定評があります。

スリップページが発生しやすいのは、為替レートの動きが急激に起きるときです。スキャルピングではこうしたタイミングに取引しないことで、スリップページの発生による損失を抑えられるかもしれません。重要な経済指標の発表前後、現地の市場で休日明けの時間帯など、為替相場が乱高下しやすい時間帯をあらかじめ避けるのは一つの考え方です。

成行注文を出すとき、あらかじめ許容するスリップページをゼロか小さい幅に設定しておいたり、指値で注文するなどしてスリップページの発生を抑えることもできますが、逆指値の注文でスリップページを避けることは困難です。スリッページについての面白いブログもいっぱい在りますのでウェブサイトを見つけてみましょう。

取引を始めるにあたって、こうしたケースで損失が発生したり思うように取引できないかもしれないということは覚えておきましょう。FX取引を始める前に、FXよりもルールがよりシンプルだと言われているバイナリーオプションと最近よく聞きますが実際の取引方法をご存知ですか?まあ、これで慣らしておくというトレーダーもいます。私は個人的にFX取引の方が好きですが、こういった方法も悪くないと思います。


 




最近、未来の値動きを予想するぱっと見テクニカルに人気があります。私も使っていますが、値動きが予想されるので、その通りにポジションを持つことができます。

どんな時間足にも使え、1時間や30分、15分や5分も表示できるのが便利です。ぱっと見テクニカルは、過去の値動きから将来の値動きを予想するツールなので、高い確率で当ります。

 初心者は、このようなツールが使えるFX業者の口座を開設すると、取引に迷った時には心強いと思います。