FXSARU.com

  • バイナリーオプションの大御所5ブローカー
  • 有名業者のここが知りたかった


変動理由


■為替相場はどうやって決まるの?

FX取引というのは、バイナリーオプションとは全く違うのかというとそうでもありません。為替の変動によってその利益を得るわけですから、その仕組みの基本は同じです。為替変動のからくりを理解するためには現在、世界がどうなっているのか、政治や経済のニュースよくチェックして、為替相場がどうなるのかを常に考えておく必要があるでしょう。こういった情報に敏感でなければ、FX取引では利益を上げることができません。

まず基本的な仕組みとして、金利の低い国の通貨で金利の高い国の通貨を買っていくとうのが世界のお金の流れです。利益を大きくするためには、金利の高い通貨の方がいいからですが、単純に現在の金利差だけが影響しているわけではなく、将来どうなるかが影響しています。例えば日本は低金利なため、日本円は売られてしまい円安になると考えられそうですが、最近までものすごい円高でしたよね。

金利差がすでに為替相場に織り込み済みであれば必ずしも円安になるとは限らないのです。もちろん政治的や経済の安定性が高いと判断されれば、通貨というのは基本的に高くなるのです。なんだかんだで日本円は安定した資産だと考えられていたのでしょう。

あるいは日本のような輸出大国であれば、輸出代金を外貨で受け取りそれを日本円に両替する必要があります。その結果、円が買われて円高になります。最近の円安は、言うまでもなく異次元の金融緩和によるものです。円の総量が増えれば、それだけ円の価値は下がりますからね。

■FXの注文方法いろいろ

ランキングをする上で、どのような注文方法があるのかという点にも注意する必要があります。簡単にですが、注文方法を紹介します。まずは「ストリーミング注文(成行注文)」ですが、これは画面に表示されている為替レートで手動注文する方法です。通貨ペアと単位を選択し、あとは為替レートをずっと眺めておき、自分が取引したいと思った瞬間、買ったり売ったりするのです。

もちろんレートというのは常に変動しているため、必ずしもそのレートで約定できるとは限りません。このへんはFX事業者のサーバの能力によりますので、スキャルピングなどの短期取引では事業者の選択が重要になります。常に為替レートをチェックできる人には向いている注文方法です。

次に「指値注文」ですが、これは買いたい値段、売りたい値段を指定しておき、条件が満たせた場合にだけ売買できます。条件を満たせば必ず希望通りの金額で取引できますが、逆に言えば為替相場があまり動かずに条件が満たせなければ、まったく売買が成立しません。

毎日設定せずとも、一定の期間を設定しておくことができるので、長期的な取引をしたい人にも便利ですね。ちなみに約定は指値注文よりも成行注文の方が優先されるようです。

似たようなものに「逆指値注文」というのがあります。これは指定した金額よりも相場相場が高くなったら買い、低くなったら売ることができます。

自動で損切することができるため、為替相場を1日中チェックしてられない忙しい人などにも利用されています。もっとも相場が急落しているときというのは、多くの人が売りに出しているため、スリッページが発生しやすいというデメリットもあります。


 




最近、未来の値動きを予想するぱっと見テクニカルに人気があります。私も使っていますが、値動きが予想されるので、その通りにポジションを持つことができます。

どんな時間足にも使え、1時間や30分、15分や5分も表示できるのが便利です。ぱっと見テクニカルは、過去の値動きから将来の値動きを予想するツールなので、高い確率で当ります。

 初心者は、このようなツールが使えるFX業者の口座を開設すると、取引に迷った時には心強いと思います。