FXSARU.com

  • バイナリーオプションの大御所5ブローカー
  • 有名業者のここが知りたかった


個人投資家が活躍できる舞台


しかし、NISAは自分で専用口座を開設に行き、また銘柄を選びと結構面倒でもあり、証券会社の人と対等に話せるくらいの知識がないと、ちょっと不安がありますし、これらを考えると、税金面などのハードルを低くしても、個人投資という精神的ハードルを低くするのはなかなか難しそうです。

これに対して、FXは入り口の敷居がとても低いのです。内容は基本的に為替取引なので、各国の金融状況を見ながらいろいろ研究することになりますが、そこを知らないと参加出来ないものではありません。初心者に優しいFXの1つの方法にYBINARYがあります。

これは、例えば1ドル100円だった場合、1時間後に100円以上になっているか以下になっているかを予測すればいいのです。上か下かだけを答えればいいんですね(実際にハイ&ローと呼ばれます)しかも、自分のパソコン、スマホや各種端末から即実行可能なのです。

つまり投資の構造がややこしくなく、証券会社の人とあれこれ話をすることもなく、自分の端末で気楽に参加できる点がFXの大きな魅力です。最近は海外の優れたFX業者も多く出てきており、より使いやすくなりました。

海外業者というと、言葉やサポート面が心配ですが、ほぼ全部の業者で日本語OK,24時間対応をしてくれます。端末トラブルから、知識不足まで何でも気軽に聞けます。時間の設定も、1分内にするものから、長期スパンにするものと、自分で好きに設定可能です。つまり非常に思い通りに、気軽に投資が可能なんです。

また、投資額が1万円など少額から可能です。これでも不安な人には、ほぼ全サイトに無料のシミュレート機能がありますので、実際に試してみることが出来ます。これはかなり大きな特徴ですね。

このように初心者の入り口が非常に広いのと同時に、慣れてきた人には、また別の楽しみが出てきます。為替相場というのは、国の財政、政治事情でどんどん変化しますが、そういったことを研究して、相場の流れを見るチャートがあります。初心者は、初期設定をチェックできますし、ベテランの人は自分でチャートを作るという楽しみもあるんです。

投資対象も、ドルだけではなくマイナー通貨もありますし、株、先物取引もあります。どんどん研究していくと、自分にあった方法をいろいろ考える余地が広い、つまりベテランになると、とことんカスタムする楽しみが出てくるわけです。

最後にFXを行うサイト選びは、サーバーが強いこと(簡単にダウンしては決済が出来ませんので)また手数料と初期に必要な知識はシンプルです。入り口が広く、しかもベテランにも満足できる奥行きがある、自分の裁量で事が運ぶ、これがFXの魅力と言えます。

 




最近、未来の値動きを予想するぱっと見テクニカルに人気があります。私も使っていますが、値動きが予想されるので、その通りにポジションを持つことができます。

どんな時間足にも使え、1時間や30分、15分や5分も表示できるのが便利です。ぱっと見テクニカルは、過去の値動きから将来の値動きを予想するツールなので、高い確率で当ります。

 初心者は、このようなツールが使えるFX業者の口座を開設すると、取引に迷った時には心強いと思います。

新しいネットビジネスということで、ここ数年あたりから急速に広まってきている稼ぎ方が登場しています。

それは情報を売るということです。情報を売るというのは以前からありましたが、いわゆる情報商材という形で一般的にあまり良い印象を持たれていません。しかも、そういったやり方では自分でサイトを用意して、そこに販売ページを作っていく作業が必要で、さらに検索エンジンなどの上位表示を実現させていくというプロセスが必要になります。

したがって、敷居が高いというか、かなり知識や経験を持っている人でないと参入できない分野でもありました。しかし、そういった稼ぎ方がより多くの人にとってできるような時代になってきており、そういったところが新しいネットビジネスとしてチャンスが生まれたということも言えます。

というのも、情報を売るためのプラットフォームとなるようなWebサイトがいくつか登場してきたのです。そのため、情報を売りたい人が、欲しい人に向けて売るための環境が整備されたと言えますし、自分でサイトを作って、そこに情報を載せて販売し、SEO対策などをする必要性も少なくなりました。

したがって、そういったサイトに登録をして、自分の売りたい情報を載せていけば、すぐにでも購入者が現れる可能性があります。こういったプラットフォームとなるサイトはすでに知名度がそこそこあって、購入者も大勢いるようなところなので、お客さんがすでに多く存在しているわけですから、多くの人が自分の売りたい情報に目をつけてくれる可能性が高いです。

つまり、自分はこれといった努力をしないでもお客さんの注目を浴びて、その結果売れる可能性も十分あるわけです。こういったサイトはある程度販売金額を自由に決められるようにはなっていますが、手数料という形で売れた金額の一定割合をサイト側がとる仕組みになっています。

それでもたくさんうることができれば、月に数万円から10万円くらいは稼げるチャンスでもあると思います。情報を売るということは、基本的に情報自体を最初にデータとして作っておいて、それを購入者に送信すれば良いだけなので、負担する手間はかなり少ないと言えると思います。

最初に情報をまとめてデータにするときの手間はかかりますが、1度やってしまえば以降は何も必要ないですから。これといったネットビジネスに関する知識がなくても、売れる情報を持っているだけでお金を稼ぐチャンスが多くの人にめぐってきたということも言えると思います。情報商材の販売とは違う、情報を売ってお金を稼ぐというやり方が、今後より活性化していく可能性があるのです。